• 枕の高さ
  • 枕の性能
  • スプリングの種類
  • Q&A

枕の性能

枕の性能と素材について教えてください。

A. 眠っている間の発汗を吸収する吸湿性や通気性、心地よく頭を支える支持性やフィット性、また首と肩が冷えないようにするのも枕の役目です。
そのため、1種類ではなく複数の素材を組み合わせ、枕の性能を高めています。

枕の高さを選ぶときの注意点を教えてください

A. 仰臥位を基本にして、身体‐マットレス‐枕の三者が相性のよいもの、すなわち身体を適正に支持する硬さのマットレスと肩や首の筋肉に負担をかけない適正な高さの枕を選ぶことが大切です。そのためフランスベッドでは、自分の体型に合う寝具を瞬時に割り出す「寝姿勢測定機」を開発し、販売店への設置を進めています。

ホテルに枕が2つあるのは何故ですか?

A. さまざまな体型や好みをもった人が利用するホテルでは、枕の厚めのものと薄めのもの、あるいは柔らかめのものと硬めのもの2つ用意して対応しています。

横向きで寝る人に合った枕はありますか?

A. 寝入りが仰向けの人でも横向きの人でも寝ている間は何度か寝返りを打つので、ある姿勢に合っていても動くと合わなくなります。
「アジャスタービーズピロー」は、寝返りしても中身のビ-ズが動くので凹まない上、3区分された部位ごと高さ調節できるので一定の高さで安定します。

マットレスだけ買い換えることはできますか?

A. 身体を点ではなく面で支え寝姿勢を正しく保つことはもとより、それぞれの特性を備えたスプリングによって、体重や体型、好みの寝姿勢や硬さに合わせてマットレスが選べることです。

その他枕の基礎知識

  • 枕の高さ
  • 枕の機能
  • 自分に合った枕を選ぶ
  • Q&A

寝具の快適性チェックポイント