• 飲み物
  • 温度と湿度
  • 香り
  • 証明
  • 色彩
  • スペース
  • 音

光・照明(30ルクス以下)

就寝前は暖色系の弱い光が気持ちを落ち着かせます。就寝時は、寝室を真っ暗にして寝る人、かなり明るくないと寝られない人など、寝室の光に関しては人それぞれです。一般的には30ルクス程度の光であれば支障もなく、夜目覚め時に不安にならず、トイレにいく時につまづくこともありません。
また、ほとんど遮光してしまう厚手のカ-テンよりも、障子のように朝しだいに室内を明るくする薄いカ-テン(レ-ス)の方が自然に目をさまします。目覚めをハッキリさせるには、カ-テンや窓を開けて2500〜3000ルクス程度の光を浴び、新鮮な空気にふれて脳と体に刺激を与えます。

3つの睡眠環境を知ろう!

身体がスムーズに睡眠に入るための環境。それが入眠環境。身体をリラックスさせるために、習慣にしたいこととは?

詳しく読む

光、音、香り、温度・湿度、広さ等が深くかかわってくる睡眠環境は、3つの環境の中でも特に大切です。

詳しく読む

気持ちよく起きるために必要な環境って?レム睡眠ノンレム睡眠とのかかわりをご説明します。

詳しく読む