• 入眠環境
  • 睡眠環境
  • 起床環境

睡眠中の環境とは

中途覚醒はレム睡眠のときによく起こります。中途覚醒を起こさないための環境条件としては、生理的にはトイレに行かないよう入眠前に水分の摂取をひかえること。心理的には、夢で目が覚めたりしないようストレスを取り除いておくことです。寝床内の環境条件を守るためにも、寝具は暑すぎたり寒すぎたりしないように適当なものを選ぶことが大切です。
寝室は、目を覚ますような刺激が突然入ってこない場所でなければなりません。また、中途覚醒が起きたときは、柔らかな光がないと不安になり、かえって目が覚めてしまいます。中途覚醒はその後の入眠をしにくくし、睡眠効率もより悪くなります。

3つの睡眠環境を知ろう!

身体がスムーズに睡眠に入るための環境。それが入眠環境。身体をリラックスさせるために、習慣にしたいこととは?

詳しく読む

光、音、香り、温度・湿度、広さ等が深くかかわってくる睡眠環境は、3つの環境の中でも特に大切です。

詳しく読む

気持ちよく起きるために必要な環境って?レム睡眠ノンレム睡眠とのかかわりをご説明します。

詳しく読む